YouTube集客方法のコツ5選!YouTube運営のメリットと他のSNSとの違いは?

この記事では、YouTubeで集客をしたいと考えている企業や店舗に向けて、YouTubeを使った集客方法のコツについて紹介していきます。

YouTubeでの集客に成功している実例も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

YouTubeで集客するメリット

まずはYouTubeで集客するメリットについて解説していきます。

YouTubeは集客効果が高い

YouTubeは、集客効果の高いSNSです。

その理由は、YouTubeは動画コンテンツなので、視聴者にとって価値のある動画であれば、動画の中で数分に渡って存分に店舗の魅力が伝えられるからです。

また、(顔出しは必須ではありませんが)スタッフの顔出しをすると、親近感を感じやすくなるので視聴者をファン化しやすくなるというメリットもあります。

他のSNSでは1週間前の投稿は流れてしまって見られることは少なくなりますが、YouTubeは一定の再生回数が続くので資産になりやすいです。

低予算で始められる

YouTube投稿を始めるとなると、ハードルが高そうに思うかもしれませんが、最悪スマホさえあればすぐにでも始められます。

最近のスマホはカメラ性能も高いですし、スマホ用の動画編集アプリも充実してきているので、スマホで撮影をしてそのまま編集までできます。

画像編集アプリもあるので、サムネイル作成もスマホで簡単にできてしまいます。

チャンネル登録者数が数十万いる人気YouTuberもスマホで撮影している人は多くいます。

編集作業も外注できるので、編集技術が無いという人でも始められます。

集客に成功しているYouTubeの実例5選

ここでは、実際にYouTubeを利用して集客をしている企業や店舗を紹介していきます。

家具のECサイトの例

こちらのYouTubeチャンネルは、北欧家具を中心に販売するECサイトが運営しています。

チャンネル登録者数は約33万人で、「ルーティーン系動画」や「短編ドラマ」などの動画を投稿しています。

動画を通じて「自分らしい暮らしづくり」を提案しています。

オーダースーツ専門店の例

こちらのYouTubeチャンネルは、オーダースーツ専門店が運営しています。

チャンネル登録者数は約1万人で、「シワになりにくいシャツの畳み方」や「スーツの着こなし方」などの動画を投稿しています。

洗車専門店の例

こちらのYouTubeチャンネルは、洗車専門店が運営しています。

チャンネル登録者数は約4万人で、「洗車動画」や「車を綺麗に保つ方法」などの動画を投稿しています。

汚かった車がプロの丁寧な洗車によって綺麗になる様子を動画で見せることで、集客につなげています。

自転車店の例

こちらのYouTubeチャンネルは、自転車店が運営しています。

チャンネル登録者数は約6,000人で、「新作自転車のレビュー動画」や「自転車のカスタム方法」などの動画を投稿しています。

スポーツジムの例

こちらのYouTubeチャンネルは、スポーツジム店が運営しています。

チャンネル登録者数は約6,000人で、所属トレーナーの「トレーニング風景」や「コンテストの様子」などの動画を投稿しています。

また、所属トレーナーも個人のYouTubeチャンネルを運営して数万人のチャンネル登録者がいるので、そちらからの集客も期待できます。

視聴者と集客数を伸ばす方法

ここからは、実際にYouTubeでの視聴者と店舗への集客数を増やす方法について解説していきます。

コツ①視聴者のターゲットとテーマを明確にする

まずは、視聴者(集客したい)ターゲットを明確にするところから始めましょう。

この時、視聴してほしい人の年齢層・性別・悩みなどを設定することで、チャンネルや動画のテーマが決められます。

こうしてアットホーム感のある動画なのか

コツ②定期的に更新する

YouTubeチャンネルを開設したら、定期的に動画を更新していきましょう。

チャンネルを開設してすぐに再生回数が増えていくことはほぼありません。

例えば週1回か月2回というふうにどれくらいの頻度で動画を投稿する頻度を決めて運営していきましょう。

更新を習慣化することで、動画を気に入ってくれた視聴者がチャンネル登録してくれやすくなります。

公開した動画は資産になり、少しずつ集客の役に立つでしょう。

コツ③広告は載せない

チャンネル登録者数が1,000人、過去12ヶ月の総再生時間が4,000時間を超えたら、動画に広告を付けるか選べるようになります。

これにより視聴者が広告を見た回数に応じて報酬が得られますが、YouTube運営の目的が集客であるなら広告をつけることはおすすめしません。

その理由は、広告が表示されてしまうと、動画本編を視聴する前に視聴者が動画を見るのを止めてしまう可能性があるからです。

そのため、集客が目的なのか、YouTubeでの広告料を収入源の1つにするかをよく考えて、広告の運用をどうするか考えましょう。

コツ④動画の中で視聴者へ行動を促す

視聴回数を増やすことも大切ですが、それ以上に大切なのが視聴者に「行ってみたい」と思ってもらい、実際に来てもらうことです。

ただ動画を見てもらうだけでは集客につながらないので、視聴者にどういう行動をしてほしいのか動画の中で促しましょう。

「概要欄にホームページを掲載しておいて、そちらから詳しい店舗情報を確認してほしい」のか、「SNSのDMで予約をしてほしい」のか、具体的に促すことで集客率が上がります。

もちろんチャンネル登録や高評価ボタン

コツ⑤YouTuberに紹介してもらう

YouTube運営をしていても、自社だけで視聴者を増やすのは難しいです。

そんな時はすでに人気のあるYouTuberとコラボや宣伝してもらうとスピーディーに認知や集客ができます。

もちろん依頼費用はかかりますが、チャンネルを立ち上げたばかりの時や再生回数・登録者数が伸び悩んだ時などはYouTuberの力を借りるのも1つの手です。

もちろん自社のチャンネルを持っていなくても、YouTuberに店舗を紹介してもらうことで集客につなげることも可能です。

OTONARIではインフルエンサーの企業案件を適正価格で取り扱っています
OTONARIバナー

OTONARIではYouTuberやインスタグラマーの企業案件を取り扱っています。

従来のYouTubeエージェンシーと異なり、高年齢層にアプローチできる”20代後半から50代のYouTuberが多く在籍”しています。

広告予算にあわせて低単価の広告費から、製品やPRの目的にぴったりなご提案が可能です。

インフルエンサーマーケティングの相談も無料で行っておりますので、気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ:03-4405-9888

インフルエンサーマーケティングの無料相談を受付中!
お問い合わせはこちら
無料相談はこちら