インフルエンサーキャスティング時は〇〇に注意!選び方や依頼方法は?

「インフルエンサーマーケィングを成功させたい!」
「インフルエンサーをキャスティングしたいけど誰を選べばいいのかわからない」

このように、インフルエンサーマーケティングを成功させるためにどんなことをすればいいのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

当記事では、SNS運用であるインフルエンサーマーケティングの中でもキャスティングについて重点的にご紹介します。

インフルエンサーそキャスティングする時の注意点やキャスティング方法などについて解説します。

当記事を読めば、インフルエンサーキャスティングでの失敗をしないようになります。

動画を撮影中のYoutuber

インフルエンサーのキャスティング時の注意点

SNS運用するには、インフルエンサーのキャスティングが重要ポイントです。

ここではインフルエンサーのキャスティング時に気をつけるべき注意点を解説します。

施策の目的を明確にする

あなたは、どうしてインフルエンサーマーケティングをすることになったのでしょうか?

その理由を明らかにした後に、あなたのインフルエンサーマーケティングの施策の目的に合っているインフルエンサーをキャスティングしてください。

なぜなら、施策目的を見失っているとマーケティングにまったく関係のないインフルエンサーをキャスティングするデメリットが潜んでいるからです。

目的に合わないインフルエンサーをキャスティングすると、マーケティング効果がでないだけではなく、インフルエンサーに報酬を支払うため収支がマイナスという結果となります。

そのため、まずはマーケティングの施策目的を明確にしてください。

ステマをしない

インフルエンサーマーケティングを成功させるためには、ステマをしてはいけません。

ステマとは、ステルマーケティングの略語であり、消費者に対してあたかも宣伝・広告だとわからないように、宣伝・広告をすることをいいます。

ステマを行なうと、消費者に対して商品の良いイメージを簡単につけられます。

そのため、マーケティング自体は一時成功しますが、ステマがバレてしまうと最終的には評判が悪くなってしまうため継続的な売上確保が難しくなります。

現代ではステマは簡単にバレますし、ステマが判明するとたちまち炎上し、会社の信頼は落ちてしまいます。

その結果、商品は良い物であっても、マーケティングが成功しにくくなります。

企業の存続や売り上げを考えるならば、ステマは絶対にしないでください。

また仮に企業がステマをするつもりはなかったとしても、インフルエンサーがPR表記をしなかった場合でも、ユーザーからするとステマとみなされるので、確実にPR表記をするようマネジメントをしなければいけません。

インフルエンサーの選び方

インフルエンサーマーケティングの成功には、インフルエンサーのキャスティングが重要です。

しかし、インフルエンサーを選んだ経験がないと「どんなアカウントを選べばいいのかわからない」と悩んだ結果、写真写りが良い写真をアップしているインフルエンサーを選んだり、施策目的に合わないアカウントを選んでしまうこともあります。

ここでは、正しいインフルエンサーの選び方について解説します。

インフルエンサー選びに悩んだ時に一読ください。

目的に合ったインフルエンサーを選ぶ

インフルエンサーマーケィングを成功させるためには、マーケティング目的に合ったインフルエンサーを選ぶことが大前提です。

過去にインフルエンサーマーケティングで失敗した経験がある場合、インフルエンサーのキャスティングをミスしている可能性が高いです。

目的に合ったインフルエンサーを選ぶためには、以下の手順でアカウントを絞っていきましょう。

  1. 今回のマーケティングの施策目的を洗い出す
  2. 施策目的に合っている、もしくは施策に近い内容を配信しているアカウントを絞る
  3. そのなかでも特に人気のアカウントをインフルエンサーに選ぶ

また、以下のポイントを満たしているアカウントを選ぶとフォロワーの動きも良いため、インフルエンサーマーケティングが成功しやすくなります。

  • フォロワー数が多い
  • 毎日1件以上の投稿がある
  • トップ画像が顔写真もしくはその一部
  • 投稿画像の編集が巧みで目を引く
  • エンゲージメント(いいねやコメントなど)数が多い

インフルエンサーのデータで選ぶ

インフルエンサーをキャスティングする際には、それぞれのアカウントのデータで選ぶことも可能です。

その際に確認するのは、以下のポイントになります。

  • フォロワー数
  • フォロワーの男女比・年齢分布・所在地分布
  • エンゲージメント数
  • リーチ数
  • インプレッション数
  • PR投稿の割合

これらのポイントを確認することによって、PRしたい商品の買い手に近いインフルエンサーアカウントを選べるのです。

しかし、このポイントを利用するにあたって、マーケティングの施策目的が明らかになっていることが前提となります。

これらのデータを分析することで、フォロワーを購入して不正にフォロワー数を増やしているアカウントも見分けられます。

インフルエンサーのキャスティング・依頼方法は?

依頼したいインフルエンサーの選出ができれば、キャスティング依頼をしていきましょう。

ここでは、インフルエンサーに依頼する方法を解説します。

いいインフルエンサーが見つかったのであれば、これからご紹介する方法でインフルエンサーをキャスティング依頼していきましょう。

直接依頼する

インフルエンサーをご自身で選んだ場合には、ご自身で直接依頼することも可能です。

気になるインフルエンサーに直接ダイレクトメールを送信し、インフルエンサーマーケティングに協力してほしい旨を伝えます。

その際には、必ず以下のポイントを文章内に盛り込むようにしてください。

  • あなたの勤める企業名または事業名とあなたの名前(フルネーム)
  • 事業内容詳細
  • 報酬詳細

これらのポイントを盛り込むことにより、インフルエンサーに悪い印象を与えません。

また、返信期限についても記載しておくとなおいいです。

マッチングツール経由で依頼する

どのインフルエンサーを選べばいいのかわからない場合には、マッチングツールを活用するのもおすすめです。

マッチングツールとは、インフルエンサーと探している企業とPR案件を依頼してくれる企業を探しているインフルエンサーをつなげるサービスです。

どのようなマーケティングにインフルエンサーを起用したいかを記載するだけで、お探しの条件を満たすインフルエンサーから応募してくれます。

有料サービスではありますが、探している条件を満たすインフルエンサーと短期間でほぼ自動的に出会えるため、インフルエンサー選出および依頼を行なう手間がはぶけます。

キャスティング会社に依頼する

最後におすすめするのは、キャスティング会社に依頼する方法です。

キャスティング会社とは、求めているインフルエンサーをキャスティングから施策実行までを一括して行ってくれる会社です。

キャスティング会社は、施策目的をヒアリングし、予算と施策目的に合ったインフルエンサーと短期間で出会えるメリットがあります。

施策実行までを行ってくれるので、PR表記や広告ポリシーなどのディレクションまでも行ってくれるので、自社のノウハウやリソースが無くてもお任せできます。

インフルエンサーキャスティング会社5選

インフルエンサーのキャスティングは、考えているよりもかなりの手間と時間を要します。

そのため、インフルエンサーの選出およびキャスティングに困っている場合には、インフルエンサーキャスティング会社への依頼も検討してみましょう。

インフルエンサーキャスティング会社では、インフルエンサーを探している企業とPR案件を獲得したいインフルエンサーをつなぐサービスを行なっています。

インフルエンサー選びはしっかり行いたいけれど、そのような知識やリソースがない企業におすすめです。

ここでは、数あるインフルエンサーキャスティング会社のなかでも、おすすめの会社をご紹介します。

UUUM

UUUM|UUUM株式会社

UUUMは、ディレクション型のインフルエンサーキャスティング会社です。

そのため、依頼した企業の求める条件に合うYouTuberのインフルエンサーを探し出し、さらにキャスティング依頼および成立まで行なってくれます。

有名YouTuberが多数所属しているので、知名度を活かして認知を広げたい企業におすすめです。

事業名および会社名UUUM(UUUM株式会社)
URLhttps://www.uuum.co.jp/
事業内容企業とYouTuberをつなげる

OTONARI

OTONARIトップページ

OTONARIは、大人のおとなりに寄り添うことをモットーとしてYouTuberと企業をつなぐサービスを提供しています。

20代後半のYouTuberが多数所属・提携しており、年齢層が高めの層にPRをしたい企業にはおすすめです。

インスタグラマーも多数提携しているので、YouTubeとInstagramを合わせてトータル的なソーシャルマーケティングの提案も可能です。

事業名および会社名OTONARI(株式会社OTONARI)
URLhttps://otonari.tokyo/
事業内容クリエイターの成長支援、インフルエンサー(YouTuber、インスタグラマー)と企業をつなげる

BitStar

Bitstar

BitStarは、人という原石を磨くべくクリエイターをインフルエンサーとして成長および活躍させるプロダクションです。

厳選されたインフルエンサーやその卵が多く登録されています。

また、BitStarではインフルエンサーとしてクリエイターが活躍できるように支援も行っているため、インフルエンサーマーケティングでもよりよく商品を紹介してくれます。

事業名および会社名BitStar(株式会社BitStar)
URLhttps://corp.bitstar.tokyo/
事業内容プロダクション業、クリエイターの育成および支援、インフルエンサーと企業をつなぐ

Find Model

Find Model|ソーシャルワイヤー株式会社

FindModelは、インフルエンサーと企業をつなぐマッチングプラットフォームです。

過去に大企業と呼ばれる会社および事業もFindModelでインフルエンサーマーケティングを実施しています。

FindModelでは、企業の求める条件に合ったインフルエンサーをAI(人工知能)にて選出し、さらにコストについては過去に適正価格を達成しています。

つまり、短時間および安いコストで優良なインフルエンサーを探し出すことが可能です。

事業名および会社名Find Model(株式会社Find Model)
URLhttps://find-model.jp/
事業内容企業とインフルエンサーをAIにてつなぐマッチングサービス提供

winsta

Winsta|株式会社クロスリング

winstaは、Women’s Instagrammar Networkの略語であり、女性に特化したインスタグラマーネットワークを提供し、企業とインスタグラマーをつなぐサービスを提供しています。

主にファッション・ライフスタイル・ビューティカテゴリの有名インスタグラマーと企業をつなげています。

女性向け商品を売り出していく際には、ぜひ検討してほしいキャスティング会社です。

過去には、インスタグラマーとの商品開発、商品宣伝のためのPR案件利用、商品説明会へインスタグラマーを招待する際などに多くの企業に利用されています。

事業名および会社名winsta(株式会社クロスリング)
URLhttp://winsta.jp/
事業内容有名女性インスタグラマーと企業をつなぐ

まとめ

インフルエンサーマーケティングにおけるキャスティングについてご紹介しました。

インフルエンサーマーケティングを成功させるためには、インフルエンサーのキャスティングが重要ポイトになることをお伝えしました。

「インフルエンサーなら誰でもいい」という考えは捨て、確実に成果を出してくれるインフルエンサーを選んでみませんか?

しかし、ご自身でインフルエンサーをチェックし、選びだすのは時間と手間が必要になります。

そのため、確実にインフルエンサーマーケティングを成功させるためにインフルエンサーと企業をつないでくれるキャスティング会社をぜひ利用なさってください。

インフルエンサーキャスティング会社のそれぞれの強みを把握し、成功させたいマーケティングの施策に合っている会社を利用することをおすすめします。

OTONARIではインフルエンサーの企業案件を適正価格で取り扱っています
OTONARIバナー

OTONARIではYouTuberやインスタグラマーの企業案件を取り扱っています。

従来のYouTubeエージェンシーと異なり、高年齢層にアプローチできる”20代後半から50代のYouTuberが多く在籍”しています。

広告予算にあわせて低単価の広告費から、製品やPRの目的にぴったりなご提案が可能です。

インフルエンサーマーケティングの相談も無料で行っておりますので、気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ:03-4405-9888

インフルエンサーマーケティングの無料相談を受付中!
お問い合わせはこちら
無料相談はこちら