YouTubeで得られる収入はどのくらい?収益を得る7つの方法を解説

「YouTubeではどのくらいの収入が得られるの?」
「YouTubeではどんな手段で収入が得られるの?」

YouTubeは今大変注目されているので、YouTubeで収入を得たいという人も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではYoutubeでどのくらいの収入が得られるのか解説し、YouTubeで収入を得る7つの方法を説明します。

YouTubeで得られる収入はどのくらい?

YouTubeで得られる収入は、チャンネルの人気度によって大きく変わります。

そして、トップYouTuberになれば年間億単位で稼ぐことができますが、1円も得られないままYouTuberをやめてしまう人も多くいます。

そのため、YouTuberの平均年収を求めても大して意味はないのですが、目安は以下のとおりです。

  • 人気YouTuber:年収900万円程度
  • YouTuberトップ100人:年収3,200万円程度(中央値)

※YouTuberトップ100人の年収はTuverTownのデータをもとに算出

ちなみに、YouTubeで一番メジャーな収益源は広告収入ですが、広告収入の1再生あたりの報酬は0.1円程度と言われています。

もちろん平均なので1再生あたり1円を超える場合もありますし、0.1円を超えないこともあります。

具体的には、金融、保険、不動産などのジャンルでは単価が高いと言われています。

ここから計算すると、YouTubeの広告収入で月収20万円を稼ぐためには、月間200万再生される必要があります。

もちろん月間再生数とチャンネル登録者数は必ずしも比例するわけではありませんが、月間200万再生されるためには、チャンネル登録者数が1万人程度は必要と言われています。

  • 金融、保険、不動産などのジャンル
  • 専門性が高い(エンタメ系は低い)
  • 視聴者の年齢層が高い
  • 性別が男女どちらかに偏っている

YouTubeで収入を得る7つの方法

YouTubeで収入を得る方法には主に以下の7つがあります。

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

ちなみに、YouTubeで収入を得る方法については以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

「YouTubeで稼げるのってチャンネル登録者が数万人いる人だけでしょ?」「チャンネル登録者が少なくても稼ぐ方法ってあるの?」「広告収入だけだと収入が安定しない…」一般的に「YouTubeで稼ぐ=チャンネル登録者が多い」と思[…]

youtuber

方法①:広告収入

YouTuberの収入源として一番メジャーなのは広告収入でしょう。

先ほども説明したとおり、広告収入の相場は1再生あたり0.1円程度と言われています。

広告収入は正直、ほかの収入源に比べると稼げる金額は多くないのですが、動画が再生されれば発生します。

そのため、YouTuberが得られる収入の中ではトップレベルに安定した収益源と言えるでしょう。

YouTube広告には主に7つの種類がありますが、その中でYouTuberの収益源になるものは以下の5つです。

それぞれの広告について詳しく見ていきましょう。

ちなみに、YouTubeの広告の種類については下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

「YouTubeに広告を出したいけど、広告料がどのくらいかわからない!」そう感じていませんか?YouTube広告は低予算で高い効果を出すこともできるので注目されていますが、仕組みや料金についてはあまり知られていません。[…]

インストリーム広告

インストリーム広告は動画の再生前に表示されます。

以下の2種類があります。

  1. 5秒でスキップ可能な長めの広告
  2. スキップ不可能な15秒以内の広告

スキップ可能な広告の場合は最後まで視聴された場合、スキップ不可能な広告の場合は広告が再生された場合に広告収入が発生します。

動画にインストリーム広告を設定するかどうかはYouTuberが決められます。

バンパー広告

バンパー広告は動画の途中や最後に再生される、6秒以下の短い広告です。

視聴者はスキップできません。

バンパー広告は広告が再生された場合に広告収入が発生し、設定するかどうかはYouTuberが決められます。

オーバーレイ広告

オーバーレイ広告は再生画面の下側に小さく表示される、バナーのような形の広告です。

小さな×印を押さないと消すことができず、誤クリックが生まれやすいので視聴者から嫌われやすい点には注意が必要です。

広告がクリックされると広告収入が発生し、設定するかどうかはYouTuberが決められます。

スポンサーカード


スポンサーカードは動画に関連した商品やサービスを表示できる広告です。

動画内で商品などを紹介した場合に役立ちます。

YouTuberが自分で表示するか決められます。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は注目動画の右側やおすすめ動画の上に表示される広告です。

この広告はYouTuberが非表示にすることはできず、必ず設定される広告です。

広告がクリックされると収益を得られます。

方法②:スーパーチャット

スーパーチャットはスパチャとも略され、ライブ配信で視聴者から投げ銭を受けることによって稼ぐ仕組みです。

スーパーチャットではライブ配信中に最大5万円まで投げ銭を行うことができます。

スーパーチャットを行うとコメントが目立つように表示され、YouTuberからの反応をもらいやすくなっています。

表示される色はスーパーチャットの額によって決定され、金額が大きくなるほど目立つ色で表示されます。

YouTuberの中にはスーパーチャットを中心に稼いでいて、スーパーチャットだけで月100万円以上稼ぐ方もいます。

方法③:メンバーシップ

メンバーシップはYouTube上のファンクラブのようなものです。

メンバーシップに登録すると、YouTuberが設定した特典を受けることができ、YouTuberは月額料金を収入として得ることができます。

チャンネルメンバーはレベルを5段階まで設定でき、それぞれ月額料金と特典に差をつけることができます。

YouTubeが3割の手数料を持っていき、月額料金は90~6,000円の範囲で自由に設定できます。

メンバーシップは視聴者が登録さえすれば収入が得られるため、安定した収入源になります。

ただし、メンバーシップはチャンネル登録者数が3万人以上いないと設定することができないため、ハードルは高めに設定されています。

ちなみに、メンバーシップに登録すると得られる特典の例としては以下のようなものが挙げられます。

  • ユーザー名にメンバー限定バッジが付く
  • メンバー限定スタンプが使える
  • メンバー限定動画が見れる

方法④:企業案件

企業案件では、YouTuberが企業から直接依頼を受け、企業の商品やサービスを動画の中で紹介することによって収益を得ます。

企業案件はチャンネル登録者数が数万人程度はいないと受けられませんが、大きな収益を得られるため、トップYouTuberになると主な収益源は企業案件になることが多いです。

企業案件の相場はチャンネル登録者数などによって決まり、もちろん人気のあるYouTuberのほうが相場は高くなるため、YouTuberとして人気が高まるほど大きな利益を得ることができます。

方法⑤:アフィリエイト

YouTubeでは、アフィリエイトを行って収益を得ることもできます。

アフィリエイトとは成果報酬型の広告のことで、設置したアフィリエイトリンクから商品購入やサービス入会などの成果が発生すると、収益が得られる仕組みです。

YouTubeでは、動画の中で商品やサービスを紹介し、概要欄に商品・サービスのリンクを貼ることで収益を得ます。

たとえば、ガジェット系YouTuberは動画の中で商品のレビューを行い、概要欄にAmazonなどのアフィリエイトリンクを貼って収益を得ている場合があります。

Amazonや楽天アフィリエイトで得られる金額は紹介する商品の単価にもよりますが、1再生あたり0.05~0.1円程度と言われています。

ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)に掲載されている商品は、成果報酬が5,000円以上の案件も多数あるのでAmazonなどよりも収益を得やすいです。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

関連記事

この記事ではYouTubeでアフィリエイト収入を得る方法について詳しく解説しています。アフィリエイトのやり方、おすすめASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)、注意点も紹介しています。YouTubeで稼ぎたいと考えている[…]

Youtubeイラスト

方法⑥:オリジナル商品販売

YouTuberとして収入を得る方法として、オリジナル商品を販売するという方法もあります。

グッズなどを自分で作成して、それをファン向けに販売するのです。

オリジナル商品はある程度人気がないとまったく売れないためハードルは高いです。

しかし、人気YouTuberであれば、多くの利益を得られるので、収入を増やしたい場合は積極的に行うべきです。

具体的に販売するオリジナル商品としては以下のようなものが考えられます。

  • グッズ
  • ファンクラブ
  • イベント
  • オフ会
  • ライブ

販売するものは、何も形あるグッズでなくても良いのです。

ただ、この中ではグッズが一番簡単に作ることができますし、一度作ればあとは何もしなくても売れていくので一番楽ではあります。

方法⑦:YouTubeコンサル

YouTubeコンサルを行って収入を得るという方法もあります。

自分がYouTubeでチャンネル登録者数を増やした実績を使って、YouTubeを伸ばすコツを伝授して収入を得るのです。

企業の公式チャンネルなどのYouTubeコンサルの案件を得ることができれば、多くの収入を得ることができるでしょう。

人気YouTuberの中には、月2回のコンサルで400万円以上の収入を得る人もいます。

YouTubeで広告収入を得る4つの条件

YouTubeで多くの人が最初に得るのは広告収入ですが、広告収入を得るためには、YouTubeが設定している以下の4つの条件を満たす必要があります。

それぞれの条件について詳しく見ていきましょう。

ちなみに、YouTubeで広告収入を得る条件については下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

YouTube収益化の条件は4000時間の再生と1000人のチャンネル登録者以前のYouTubeの収益化の条件は「投稿した動画の累計再生時間が1万時間を超えていること」でした。しかし、2018年2月からは以下のふたつが条件になり[…]

YouTube収入

条件①:直近12ヶ月の総再生時間4000時間以上

YouTubeで広告収入を得るための1つ目の条件は直近12ヶ月の総再生時間が4,000時間以上あることです。

動画の本数は関係なく、視聴者が延べ4,000時間あなたの動画を見ていれば良いことになります。

もう1つの条件”チャンネル登録者数1,000人”になっているころには達成している人が多いので、そこまで気にする必要はないでしょう。

条件②:チャンネル登録者数1000人以上

YouTubeで広告収入を得るための2つ目の条件はチャンネル登録者数が1,000人以上であることです。

これが4つの条件の中でも、多くの人が一番達成するのが難しいと感じる条件です。

1からチャンネルを作る場合、知名度が0であればチャンネル登録者数1,000人を満たすまでには半年~1年程度かかるのが普通です。

チャンネル登録は、「このチャンネルの動画をずっと見ていきたい」と思ってもらえないとしてもらえません。

継続して見たいと思わせられるような動画を作成していくのが大切です。

条件③:18歳以上

YouTubeで広告収入を得るためには18歳以上である必要があります。

18歳未満の場合、広告収入を得るために必要なAdsense(アドセンス)への登録ができないからです。

18歳未満の方で広告収入を得る他の条件を満たしている場合は、保護者が代わりにAdsenseに登録する必要があります。

条件④:コンテンツが広告掲載に適している

YouTubeで広告収入を得るためには、コンテンツが広告を掲載するのに適している必要もあります。

不適切な動画に広告が掲載されてしまうと、広告主のブランドイメージが損なわれてしまうからです。

具体的には、以下のようなコンテンツが含まれていると広告収入を得ることができません。

  • ヌードや性的なコンテンツ
  • 有害で危険なコンテンツ
  • 不快なコンテンツ
  • 暴力的で生々しいコンテンツ
  • 嫌がらせやネットいじめを行うコンテンツ
  • 著作権違反のコンテンツ
  • 同意なく他者の個人情報を掲載するコンテンツ

[出典:YouTube]

YouTubeでの収入を増やす3つのコツ

YouTubeで収入を増やすためには、基本的にはチャンネル登録者数を増やしていくしかありません。

そして、チャンネル登録者数を増やしたい時には、以下のようなコツを実践するのがおすすめです。

それぞれのコツについて詳しく見ていきましょう。

ちなみに、YouTubeのチャンネル登録者数を伸ばすコツについては以下の記事でより詳しく解説しています。

関連記事

チャンネル登録とは?チャンネル登録とは、Youtubeでお気に入りのチャンネルを登録することです。ブックマークのようなものだと考えるとわかりやすいかもしれません。チャンネル登録をするとチャンネルの動画がトップページに表示されるた[…]

チャンネル登録

コツ①:週3~4本以上動画を上げる

まず大切なのは週3~4本以上動画を上げることです。

人は「このチャンネルの動画を継続して視聴したい」と感じた時に初めてチャンネル登録をします。

そして、どんなに面白い動画を上げていても、動画の更新頻度が低ければチャンネル登録をする意味を感じてもらいにくいのです。

その上、たくさん動画を上げると改善していきやすいですし、YouTube側からも評価され、関連動画などで表示されやすくなります。

コツ②:目を引くサムネイルとタイトルにする

目を引くサムネイルとタイトルにするのも重要です。

どんなに面白い動画でも、視聴者にクリックしてもらえなければ評価されることはありません。

より多くの人に動画を再生してもらえるように、サムネイルとタイトルを工夫しましょう。

コツ③:統一感を大切にする

統一感を大切にするのも大切です。

最初にYouTubeでどんな動画を配信するのか決めたら、同じジャンルの動画だけを出すようにしましょう。

投稿するジャンルをバラけさせるのは一番やってはいけないことです。

なぜなら、トップYouTuberでもない限り、視聴者はあなたに興味があるのではなくて、動画の内容に興味があるからです。

そのため、今日「ダイエット法」について発信していた人が次の日に「パソコンの便利機能」を紹介してはいけないのです。

YouTubeの収入のまとめ

YouTubeで得られる収入はチャンネルの人気度によって大きく変わりますが、目安は以下のとおりです。

  • 人気YouTuber:年収900万円程度
  • YouTuberトップ100人:年収3,200万円程度(中央値)

そして、YouTuberとして月収20万円を得るためには、月間200万回再生される必要があります。

YouTubeで収入を得る方法には主に以下の7つがあります。

そして、YouTubeで広告収入を得る4つの条件は以下のとおりです。

YouTubeでの収入を増やすには基本的にはチャンネル登録者数を増やす必要があります。

チャンネル登録者数を増やすためには以下の3つのコツを用いるのがおすすめです。

インフルエンサーマーケティングを適正価格でサポートします
OTONARIバナー

OTONARIは、300名以上のインスタグラマーが提携する成果報酬型サービスやYouTuber事務所を展開しています。

また、自社で運用するインスタグラムアカウントは開設1年で合計40万人以上のフォロワーを獲得しました(「節約ライフ」「大人女子コスメ」)。

OTONARIでは、マーケティングに悩む企業様に向けて以下のサービスを提供しています。

  • YouTuberやインスタグラマーを活用したインフルエンサーマーケティング
  • インフルエンサー向け成果報酬型広告
  • SNSアカウント運用代行
  • SNS広告運用代行
  • 目的に合った総合的なマーケティングプランのご提案

インフルエンサーマーケティングの相談は無料で行っておりますので、気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ:03-4405-9888

インフルエンサーマーケティングの無料相談を受付中!
お問い合わせはこちら
無料相談はこちら