YouTube収益化の条件=1000人のチャンネル登録者と4000時間の再生

YouTube収益化の条件は4000時間の再生と1000人のチャンネル登録者

以前のYouTubeの収益化の条件は「投稿した動画の累計再生時間が1万時間を超えていること」でした。

しかし、2018年2月からは以下のふたつが条件になりました。

  • 過去12ヶ月間の累計再生時間が4000時間以上であること
  • チャンネル登録者数が1000人を超えていること

また、当たり前ですが、YouTubeのコミュニティ・ガイドラインに違反していないことも条件のひとつです。

具体的には、以下のような動画はコミュニティ・ガイドライン違反になります。

  • ヌードや性的なコンテンツ
  • 有害で危険なコンテンツ
  • 不快なコンテンツ
  • 暴力的で生々しいコンテンツ
  • 嫌がらせやネットいじめを行うコンテンツ
  • 著作権違反のコンテンツ
  • 同意なく他者の個人情報を掲載するコンテンツ

[出典:https://www.youtube.com/intl/ja/about/policies/#community-guidelines]

ちなみに、ふたつの条件のうち、より難易度が高いのは「チャンネル登録者数1000人以上」です。

social bladeというYouTubeのチャンネルを分析できるツールを使って調べると、チャンネル登録者数が1000人を超えているYouTuberは11%程度しかいません。

1からチャンネルを作る場合、頑張ってもチャンネル登録者数1,000人を満たすまでには半年~1年以上かかります。

YouTubeの収益化の審査を受ける手順

YouTubeでは4000時間の再生時間と1000人以上のチャンネル登録者数を満たしても、自動的に収益化できるわけではありません。

自動で収益化審査が行われるのは2018年2月時点ですでにチャンネルを作成していた場合のみです。

2018年2月以降にチャンネルを作った場合は収益化の審査を受ける必要があります

その手順は以下のとおりです。ちなみに、今回はあらかじめYoutubeのアカウントを持っていて、チャンネルを作成しているものとします。

  1. Youtubeのトップページから右上に表示される自分のアカウントのマークをクリックする
  2. 「チャンネル」をクリックする
  3. 右上に表示される「YOUTUBE STUDIO」ボタンをクリックする
  4. 左中央部に表示される「収益受け取り」をクリックする
  5. 画面下部に表示されるボタンを押して収益化を申請する

ちなみに、Youtubeではわずかな収益でも自分の銀行口座に引き出せるわけではありません。8,000円以上の収入がないとお金を引き出せないので注意が必要です。

YouTubeは不健全な動画を排除するため収益化の条件を厳しくした

Youtubeはなんの目的もなく収益化の条件を厳しくしたわけではありません。不健全な動画を排除するために収益化の条件を厳しくしました

そもそも、Youtubeは企業に広告を表示する場所を提供することで利益を得ています。そのため、「広告を表示する場所」の質が低ければYoutubeに広告を出したいと思う企業が減ってしまい、Youtubeの利益は減ってしまいます。

たとえば、多くの企業は犯罪ギリギリの動画やいじめの現場を写した動画に自社の広告が貼られたいとは思いません。自社のイメージが悪化してしまうからです。

しかし、不健全な動画が再生数を稼ぎやすいというのは確かです。そのため、Youtubeでは不適切な動画に広告が表示されるケースもありました。

なかでも、特に問題になったのがローガン・ポール氏による不適切動画騒動でした。

↑ローガン・ポール氏による謝罪動画

ローガン・ポール氏は2020年1月現在、チャンネル登録者数が2,000万人を超える世界的なYoutuberです。

彼が日本の富士の樹海で自殺したとみられる遺体の動画を投稿したことで批判が殺到しました。

ローガン・ポール氏は1週間後に謝罪し動画を削除しました。ローガン・ポール氏の動画が直接のきっかけとなって、Youtubeは収益化の条件を厳しくしたとみられています。

YouTubeで収益化しないで収入を得る5つの方法


Youtubeでは、必ず収益化しなければ、収入が得られないわけではありません。Youtubeの広告収入以外にも収益化する方法は他にもあり、その方法は主に以下の5つです。

それぞれ見ていきましょう。

方法①:企業案件を受ける

Youtubeで収益化せずに収入を得る方法のひとつめは企業案件です。

企業案件とは、企業がYoutuberに自社製品を宣伝してもらうことです。企業はYoutuberに商品を紹介してもらう代わりにお金を支払います。

企業案件はYoutubeの広告よりも報酬が大きいです。そのため、人気Youtuberは企業案件が主な収入源であることが多いです。

ただ、チャンネル登録者数が少ない場合、企業案件の依頼が来ることはほとんどありません。むしろ、企業案件はYoutubeの収益化よりハードルが高いと言えます。

Youtubeの企業案件についてはコチラの記事で詳しく解説しています。合わせて参考にしてみてください。

方法②:アフィリエイトを行う

アフィリエイトを行うことでもYoutubeから収入を得られます。

アフィリエイトとは、Youtubeなどで貼った広告をクリックして商品が購入されると、リンクを貼った人に収益が発生する仕組みのことです。

アフィリエイトをするためには企業から広告をもらう必要がありますが、その方法は主に以下の3つです。

それぞれ見ていきましょう。

方法①:Amazonアソシエイトを使う

Amazonアソシエイトとは、Amazonが提供しているアフィリエイトプログラムです。

視聴者がYoutubeに貼ったAmazonの広告をクリックして商品を購入した場合、収益が発生します。

方法②:楽天アフィリエイトを使う

楽天アフィリエイトとは、楽天が提供しているアフィリエイトプログラムです。

視聴者がYoutubeに貼った楽天市場の広告をクリックして商品を購入した場合、収益が発生します。

方法③:ASPを使う

ASPとは、さまざまな企業のアフィリエイトプログラムを仲介する業者のことです。

さまざまな商品やサービスのアフィリエイトを取り扱っているのが特徴です。ASPにはさまざまな業者がありますが、主な業者は以下のとおりです。

方法③:イベントを開催する

イベントを開催することでも収入を得ることができます。イベントはオフ会のような小規模のものから、ステージなどを使って大々的に行うものまでさまざまです。

イベントでは、参加者から参加費を徴収することで収入を得ます。

ただ、それなりにファンがいる状態でないとイベントを開催しても人が集まりません。

方法④:グッズを販売する

グッズを販売することでも収入を得ることができます。現在は個人でも低コストでグッズが作れます。

ただ、グッズの作成は初期費用がかかるので、ほかに比べてハードルの高い方法と言えます。そして、ファンがいる状態でないとグッズを販売しても売れません。

方法⑤:サロンなどのコミュニティを運営する

サロンなどのコミュニティを運営することでも収入を得られます。サロンは高い収入を得られますが、コアなファンでないと入会してくれません。

得られる収益は一番大きいものの、難易度も一番高い方法と言えます。

Youtubeで収益化できなくても収入を得る方法は5つ紹介しました。

共通して言えるのは、どの方法でも収入を得るためにはチャンネル登録者数を増やし、動画の再生数を稼ぐ必要があります。

まずはYoutubeの収益化を目指すことが、Youtuberとして生きていくための第一歩と言えます。

YouTubeを収益化するための15の戦略


Youtubeを収益化するために有効な戦略には主に以下の15個あります。

それぞれ見ていきましょう。

戦略①:ジャンルはひとつに絞る

いちばん大切なのは、ジャンルをひとつに絞ることです。ジャンルを絞ることで、効率的にチャンネル登録者数を増やしていけます。

逆に、ジャンルが統一されていないと、チャンネル登録者数を増やすのは難しいです。

たとえば、美容について取り上げている動画を見てその人のチャンネルを見に行ったら動物の動画、スポーツの動画などが雑多に投稿されていたと想像してください。

このようなチャンネルに登録しようと思うでしょうか?

戦略②:最低でも週3~4本投稿する

Youtubeで収益を得たい場合、最低でも週3~4本は動画を投稿しましょう。毎日投稿ができればより効率的にチャンネル登録者を増やせます。

中には少ない動画にも関わらず多数の登録者を獲得しているチャンネルもありますが、それはもともとYoutube以外で有名な人であったり、そのチャンネルに圧倒的な魅力があるからです。

動画を多く投稿していけばそれだけヒットする動画が出る可能性が上がりますし、どんどん動画を改善していくこともできます。

戦略③:キーワードをタイトルに含める

Youtubeではキーワードをタイトルに含めることが重要です。たとえば、あるシャンプーを紹介する動画だったら、そのシャンプーの名前をタイトルに含めましょう。

これが大事なのは、グーグルの検索結果にYoutube動画が出てくることがあるからです。最近は以前よりも頻繁に検索結果にYoutube動画が出てきます。

多くの人がグーグルで検索するので、あなたの動画が検索結果に表示されれば多くの再生数を稼ぐことができます。

戦略④:クリックしたくなるタイトルにする

クリックしたくなるタイトルにするのも重要です。あなたの動画がYoutubeなどで表示されても、クリックされなければ基本的に再生してもらえません。

Youtubeのタイトルは本のタイトルのようなものです。思わずクリックしてしまうような魅力的なタイトルを心がけましょう。

タイトルは奥が深いです。キャッチコピーについて学んだり、人気のあるYoutuberの動画のタイトルを見たりすると、より魅力的なタイトルをつけるヒントが見つかるはずです。

戦略⑤:サムネイルに3つの要素を入れる

Youtubeではタイトルと同様に、サムネイルも重要です。

サムネイルのコツは「どんな動画なのか一発でわかること」です。

具体的には、まずはサムネイル用の画像または動画を撮影し、それを加工していきます。内容を文字で表したり、背景を変更したりして、キャッチーなサムネイルを目指します。

顔出しをしている場合はサムネイルに自分の顔を含めるようにしましょう。

サムネイルの作成はデザインの知識が必要です。デザインについて勉強すると、より魅力的なサムネイルを作れるようになるでしょう。

戦略⑥:画質ではなく音質にこだわる

実は、Youtubeでこだわるべきポイントは画質ではなく音質です。画質を上げるとどうしても動画が重くなってしまうため、画質を低く設定する人が多いです。

カメラの性能も高くなっていますから、安いカメラを使っても、そこそこ画質のいい動画が撮れます。画質ではあまり差がつかないのです。

一方、音質を上げても動画は重くなりにくいですし、音質は人によりかなり異なります。音質にはこだわりましょう。

具体的には、マイクの性能を良くしたり、静かな場所で撮影したりすると視聴者にとって快適なYoutube動画を撮影できます。

戦略⑦:内容の濃い動画にする

内容の濃い動画にするのもYoutubeを伸ばすコツです。残酷なことに、視聴者の多くは「あなた自身」には興味がありません。

視聴者が興味を持っているのはあなたが発信している内容です。そのため、内容が薄い動画は見向きもされません。

少しでもムダな要素を削り、内容が濃いを目指しましょう。

ちなみに、内容を濃くする具体的な方法のひとつに「ジェットカット」があります。

ジェットカットとは、動画でしゃべってない部分など間延びしている部分をカットして動画のテンポを良くする手法です。

ジェットカットでは簡単に動画の時間を削って内容を濃くできます。

戦略⑧:最初に結論を話す

Youtube動画では最初に結論を話すようにしましょう。これは、最初に結論を話すと、視聴者が何についての動画なのか理解しやすいからです。

そして、結論の次は理由、理由の次は具体例、最後にまた結論を話します。これは「PREP法」という話し方のコツです。

PREP法を用いて動画を作れば視聴者が動画の内容を理解しやすく、快適に動画を視聴できます。

「快適だ」と感じた視聴者の一部はチャンネル登録をしてくれる可能性があります。

戦略⑨:最初の15秒に魂を込める

Youtube動画において一番重要なのは最初の15秒です。ここで視聴者の心をつかめないと、すぐに動画から離脱されてしまいます。

最初の15秒はいかに視聴者を引きつけるか考え、もっとも時間をかけて作り込むべきです。

戦略⑩:画面に変化をつけて飽きさせない工夫をする

Youtubeの視聴者は動画に飽きるとすぐにほかの動画を見に行ったり、ブラウザを閉じたりしてしまいます。

そのため、視聴者が飽きない工夫をする必要があります。そのために重要なのが「画面に変化をつけること」です。

ずっと同じような画面が写っていると、読者が飽きてしまいます。背景を変えたり、画像を挿入したりして、頻繁に画面に変化をつけましょう。

戦略⑪:SNSで拡散する

Youtube動画をSNSで拡散してはいけないという決まりはありません。SNSのアカウントを持っている場合は、動画を公開したらSNSで拡散しましょう。

SNSでバズって動画の再生数やチャンネル登録者数が増えることもあります。

特に、Twitterは拡散力が高いSNSなのでおすすめです。

戦略⑫:伸びた動画・伸びなかった動画の特徴を分析する

動画を公開してから時間がたったら、動画の分析をしてみましょう。

伸びた動画と伸びなかった動画があるはずなので、伸びた動画はどうして伸びたのか、伸びなかった動画はどうして伸びなかったのか分析しましょう。

分析を行い、それをこれから公開する動画に生かせば、動画の質をどんどん改善していけます。

戦略⑬:かぶりにくく、動画の内容がすぐわかるチャンネル名にする

チャンネル名はかぶりにくく、動画の内容がすぐわかるものにしましょう。

まず、チャンネル名がかぶってしまうと視聴者が混乱してしまいます。あなたのチャンネルにチャンネル登録をしたかった視聴者が別のチャンネルを登録してしまう場合もあります。絶対にかぶらないようにしましょう。

また、動画の内容がすぐ連想できるチャンネル名にするのも大切です。たとえば、美容について発信しているYoutuberであれば、美容に関係したチャンネル名をつけます。

戦略⑭:顔出しする

Youtube動画では顔出しするべきです。

もちろん、顔出しをしなくてもチャンネル登録者数が伸びる場合もありますが、顔出しをしたほうが伸びやすいのは事実です。

人の顔には人を惹きつける魅力があるからです。

戦略⑮:編集は王道を意識する

編集は王道を意識して行いましょう。これはYoutubeの編集に限った話ではありませんが、最初は型を身につけるのが重要です。

まずは徹底的に型を身につけ、型が身についたらオリジナリティを出していきましょう。

「この編集、王道過ぎて面白くないな」と思う視聴者はほとんどいません。

一方、下手にオリジナリティを出した編集は見にくいと感じられてしまいます。

OTONARIではYouTubeの収益化をサポートしています


OTONARIではYoutubeの収益化をサポートしています。以下の10種のサポートを行っています。

    • MANAGEMENT

    • 活動の相談ができる担当マネージャーがつく
    • コンサルティング、動画の企画立案
    • 住所提供
    • リーガルアドバイス*(*契約や著作権に関する情報提供。但し、弁護士法に抵触しない範囲に限る)

MONETIZE

    • タイアップ案件の営業代行
    • タイアップ案件の窓口対応
    • ライブ配信システムの提供

PRODUCE

  • ブランド立ち上げサポート
  • ファン獲得、再生数拡大支援
  • 各種メディア掲載

提携にかかる費用は無料です。ぜひ一度、お問い合わせください。

無料相談をする

YouTubeの収益化の条件のまとめ

YouTube収益化の条件は4000時間の再生と1000人のチャンネル登録者です。

1000人の登録者を確保するのは簡単ではありませんが、努力すればいつか達成できる値です。

そして、Youtubeを収益化するためには以下の15の戦略が有効です。

OTONARIではインフルエンサーの企業案件を適正価格で取り扱っています
OTONARIバナー

OTONARIではYouTuberやインスタグラマーの企業案件を取り扱っています。

従来のYouTubeエージェンシーと異なり、高年齢層にアプローチできる”20代後半から50代のYouTuberが多く在籍”しています。

広告予算にあわせて低単価の広告費から、製品やPRの目的にぴったりなご提案が可能です。

インフルエンサーマーケティングの相談も無料で行っておりますので、気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ:03-4405-9888

インフルエンサーマーケティングのご相談は無料です。
お問い合わせはこちら
無料相談はこちら